【売り切れ】究極ニッパーはどこにある?

nipp1

見た目はごく普通のニッパーなんですが
今これが売り切れをしている大人気の「究極ニッパー」なんです。

名前も「アルティメットニッパー」です。

なんとかわいい少女キャラ「ニパ子」もPRしています。

nipp3

プラモデルに使うニッパーなんですが
これひとつで4320円するんです!

なのになぜこれほどまでに人気なんでしょうか?

もうすでに売り切れ続出で定価で販売しているところも
ほとんどない状態です。

このニッパーの特徴をあげてみると
通常のニッパーは両方に刃があるのに対して
究極ニッパーは片側だけにしか刃がありません。

そしてその注目すべきところがその切れ味。

nipp2

画像からも分かるように切ったあとの切断面で
あきらかに通常のニッパーとの違いがわかります。

通常のニッパーだと断面が潰れたようになり
表面も白化状態にもなりやすいんです。

それに比べて切れ味抜群の究極ニッパーの断面は
本当にきれいにカットされているのがわかります。

その切れ味ゆえ、通常のニッパーより切る力も少なくすみます。

ただそのメリットが逆にデメリットにもなっています。

切る力も普通のニッパーが3.5kg~10kgに対して
究極ニッパーはなんと2kg以下で切れるんです。
※プラチック棒の直径3mmを切った場合

力が要らず綺麗に切れるというところで刃先はその分デリケートなので
無駄に力をかけてしまうと刃が折れてしまう可能性もあります。

nipp4

他には切る素材もプラモデルのゲートやランナー専用のニッパーなので
対象はPS、PP、ABS、PE樹脂だけを切るように注意書きもあります。

要はそれ以外の硬い素材は切らないようにということです。

そしてニッパーにしては高価なものなので
メンテナンスもしっかりすることで長く使えるということなんです。

いいものを持っていても雑に扱ってしまうことで
せっかくの持ち味も簡単に失ってしまいます。

アルティメットニッパー「究極ニッパー」の人気は
まだまだ衰えしらずでしばらくは続きそうです。

参考までに取扱いショップをピックアップしてみました。

nip_bt

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ